2016年04月16日

【熊本地震】こんな状況でも止められない理由は何だ?

熊本地震の被害が広がりを見せている。

震度7を観測した14日の地震は前震で16日が本震だったとの情報もあるようだが、16日の地震すら前震でこれ以上の本震があるかもしれないとの見方もあるようだ。



この本震、前震の判断は後出しじゃんけんのようなもので、後から見て一番強かったものが本震になるようだ。

だから14日の地震が本震から前震に変更されたように、16日の地震が本震から前震に変更されたとしても不思議はない。




さて、こんな状況の中やはり気になるのは原発だろう。

鹿児島には現在日本国内で唯一稼働している川内原子力発電所(以下、川内原発)がある。

川内原発近くの揺れは原発を停止させる基準を下回っているということで、今のところ運転を継続しており停止させる予定はないようだ。



いくら川内原発付近の揺れはそれほど強くないと言っても、近くでこれだけの被害を出す地震が発生し、不安な時間を過ごしている方々が多くいる中、且つ、まだこれからさらなる大きな地震が来るかもしれないという
状況でどうして停止させられないのか不思議でしょうがない。

これで万が一軽微なものでも川内原発内で事故があろうものなら、どれだけ叩かれるかわかっているのだろうか?

それこそ川内原発のみならず日本国内で二度と原発は再稼働できなくなるくらいの反発が起きてもおかしくないと思うのだが。

そこまでのリスクを負ってまで稼働し続けないといけない理由があるのだろうか?

これだけの地震でも原発は問題ないアピールをしたいのか?

近くに住む人を危険にさらしてまでそんなアピールしているのだとするならば、迷惑以外の何物でもない。

ランキング参加中です。
1日1クリック応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ


blogramでこのブログの成分を見てみる。
ブログランキングならblogram


posted by はやと at 22:56| Comment(2) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いつも興味深く読ませていただいています。

細かいことで恐縮ですが、気になったので。。。
一番大きな地震は「本震」ですがそれより前は「前震」、後が「余震」です。(定義です)
ですから、14日の大きな地震は「余震」ではなくて「前震」になります。
Posted by さいら at 2016年04月18日 15:43
さいらさん

ご指摘ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。
よく確認せず投稿してしまいました。
Posted by はやと at 2016年04月19日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。




相互リンク集


アーリーリタイアした一人暮らし25歳女子の自由な生活
セミリタイアのメモ帳
独身OLがセミリタイア目指してコツコツがんばるブログ


相互リンクしていただけるサイト様を募集中です。

ご希望の方はどの記事でも構いませんのでコメント欄にてお知らせください。

よろしくお願いします。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。